七色サイコの思うとこ

先天的なものかもしれないけど、言うことがコロコロ変わります。

メンヘラの引き金。

漫画原稿

↑あるメンヘラ女性の絵。


初めて完成させた漫画のお気に入りページを載せてみた。
自律神経がおかしくなった原因は、個人要因と環境要因がある。
しかし引き金を引いたのは間違いなく私だったでしょう。
私は大学に通う以前から、あまり人に好かれる人間ではありません。もちろん今も。
自覚があるものを上げれば、
・完璧主義
・adhd(最近診断されました)
・↑が原因なのか知りませんが相当な自己チュー・わがままといわれる
・言動と行動が一致しない(気分がころころ変わる)
・頭おかしいといわれる
精神的に不安定なせいもあるのか、マイナス面ばかり見つめてしまいました。
これらの特徴はプラスに変えることも出来ますが、さすがにこのままでは社会不適合者になる、そう思ったので自分の性格を改めよう(つまり結果的には隠そう)としています。


でも、ほんとはそんなことは現実的ではない。


だったら、漫画家にさっさとならなきゃいけない。
(こうして2か月連続漫画拘束プレイ2セットスタート・・・)


なぜって、私はお金がない。高校大学と奨学金という名の借金がある金銭的トラウマはきつい。バイト(レジ)でマルチタスクができずに断念し、人間関係でもつまずき、親から大学とりあえず卒業しろの一点張り。高校の時、母親が癌になったり、じじいが脳卒中で2年くらい植物状態で寝たきり、しかもそのじいちゃん、私の悪口言ってたとかかぁちゃんに告げられてからなんか不信感抱いて葬式にも出てないし・・・


ごめん、暴走した。本当に嫌なことはずっと忘れられない。
色々トラウマはあるけど、私はあえてそれらマイナス思考の泥沼に浸かって、
ぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんぶ
漫画のネタに活かそうと思って、小4の頃からストックしてた。


そうそう、私小3で漫画家諦めたけど、小4で学校でいじめられて、再び漫画家を目指す理由ができた、というか、そう思わないと死ぬかいじめられっ子を殺してやると思ったからなんか暴走した怒りを置き換える夢が必要だったんだ。
えぐい夢だったな。


「現実で殺しちゃうと私もお母さんも悪者にされるから、漫画家になって、あいつの汚点を世にまき散らしてやろう。そうだ!漫画の中ならあいつを殺せるぞ!んで、漫画家に慣れなかったらあいつを殺して自分も死のう。」


これがリアルな生きる希望ってやつだよ、いじめっ子さん。
心配しなくても私は今、いじめられっ子無事卒業してるから、もうこんな悪夢を抱きはしないけど。


おかあ達には最もなことを言われる。
マイナス思考やめろ。
その他の人々も言う。
マイナス思考は嫌われる。
確かに。みんな嫌がるわ。(中には好きな人もいるんだけどね)


でもな、漫画とか創作って、人と同じ方向に向かっても駄目かも、そう思った。
だからマイナスを見つめることにしていた。
そして悪の塊みたいなモンスターがすくすくと育っていきました。


今の夢は、この悪魔的思考回路から脱皮して、天使とまではいかなくても、誰かを笑顔にしたい。もちろん自分も。
こういういいひとそうなこと書く自分、まだ素直に好きになれない。


なにが言いたいのか自分でもわかってないし、まとめる気すらない奴が言うのもアレですが、今の私に言えることはこれです。


夢や希望は時にあなたに力を与え、そしてあなたを蝕みます。
どうぞ取り扱いに注意したうえでお楽しみください。

あと、憧れの人とかはちゃんとした人選んだ方がいいよ。
ほんとにその人みたいになっちゃうからね。

メンヘラのための不労所得入門
メンヘラのための不労所得入門
2018-03-12
Kindle本
灰色少女の声 -「メンヘラ少女」イラストブック-
灰色少女の声 -「メンヘラ少女」イラストブック-
一迅社




メンヘラ先輩🚺より。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。